遺品整理で迷う引き取り手のない仏壇の扱い

遺品整理で処分しなければならなくなった仏壇は、信頼できるお寺や業者にお焚き上げしてもらい、遺族と故人が納得できるように供養し、処分しなければなりません。

遺品整理の難しさ

遺品整理で迷う引き取り手のない仏壇の扱い

遺品整理の際、仏壇など粗雑な扱いをしてはいけない物の処分に困ることがあります。

残された遺族の自宅に既に仏壇がある場合や、置くスペースが確保できないなどの理由があると、引き取ることは難しいものです。

代々受け継がれてきた仏壇は、引き取り手がないからと言ってそのまま廃棄物として簡単に処理できるものではありません。

そこで、納得できる処理方法として供養することが挙げられます。

お寺や専門の業者に依頼し、「お焚き上げ」をしてもらうのです。

遺族としてはきちんを供養をしてもらいたいと考えるでしょうから、信頼できるお寺や業者に依頼する必要があります。

中には、供養しお焚き上げをすると称して不法投棄したり、ゴミとして焼却したりする悪徳業者も存在するので、供養の工程や終了したことを確認させてくれる業者が望ましいです。

お焚き上げの供養をしてくれるお寺や業者を自分で探すことは容易ではないので、遺品整理業者に相談、依頼するのもよいでしょう。

その際料金をはっきり提示してくれる業者なら安心です。

必要な経費をしっかり確認して、後から追加料金がかかる事が無いようにします。

できれば、お焚き上げに立ち会うようにしたいものですが、遠方であったり時間が取れなければ仕方ありません。

仏壇を送り出す時に故人を想い、手を合わせる事も大切な供養となるでしょう。


Copyright (C) www.mardejuegos.com. All Rights Reserved.

遺品整理の難しさ