配偶者た子供がいないときの遺品整理としての家の売却

配偶者や子供がいないときの遺品整理は、誰かに願いすることもあるかと思いますが、家の相続は家の売却をして相続権のある方が相続します。

遺品整理の難しさ

配偶者た子供がいないときの遺品整理としての家の売却

配偶者や子供がいない人が亡くなると、父母に相続権が移ります。

親も亡くなっていれば、兄弟に相続権が出てきます。

兄弟もなくなっていれば、その兄弟の分は甥や姪が相続することになります。

遺言もなく、そのような方が亡くなった時は、家の売却も含めての遺品整理は大変になります。

ほとんどの場合、だれか身近な人が遺品整理をし、司法書士にお願いして家の売却をして相続権のある方が相続をすることになります。

現在は子供の数が少ないので、相続権を持つ人も少なくなると思いますが、兄弟が多く兄弟もなくなっている方が多いときには、たくさんの相続者が出てきますので、家の売却はすべての相続者がかかわることになるので大変になると思います。

そんな時には一時的に家の権利を持つ人を決めて売買契約をすることもあるようです。

その時には相続権を持つ方全員の承託書が必要になります。

その後に家の売買を進め、諸経費を引いた後に相続金額が決まります。

相続に対してのさまざまな意見が出ると思いますが、遺言書がないときには法定相続権がある方全員が相続相続をすることにして、金額を決めることが多いようです。

配偶者や子供のいないときの相続で、相続者が多いときは書類の作成や、遺産などわからないことが多いようですので決まるまでに長くかかりことが多いようです。


Copyright (C) www.mardejuegos.com. All Rights Reserved.

遺品整理の難しさ