核家族化が進むにつれて遺品整理業者の需要が高まる

核家族化が進む事で高齢者の孤独死が増加し、遺品整理を親族で行うことが困難であるため遺品整理業者に依頼する事が多くなってきています。

遺品整理の難しさ

核家族化が進むにつれて遺品整理業者の需要が高まる

遺品整理とは、故人が生前使用していた物品を整理し必要なものと不用品とに分別する作業の事です。

以前は故人の遺族が行ってきた遺品整理ですが、核家族化が進むにつれて専門業者に依頼することが多くなっているのです。

理由は、親と子が離れて住んでいたために日頃の交流がなく、何を大切にしていたか、残すべきものが何か分からないことや、大量に残された遺品を整理する時間が取れないことなどが挙げられますが、その他にも高齢者の孤立死の問題があります。

高齢者の独り暮らしでは自宅での突然の事故や病気で亡くなってしまう際に、看取る人もなく死後かなりの期間放置されてしまう事も多いのです。

その場合、自宅の状況は悲惨なもので、たとえ親族であってもその悪臭から部屋に入る事さえできない場合もあります。

そういったことから、遺品整理は大きな負担となるために、専門業者に依頼することが増えているのです。

核家族ではなく以前のような二世代、三世代が同居する家族形態なら、高齢者の孤立死は起こらなかったでしょう。

遺品整理も、親族が揃って行う事で故人が伝えきれなかった想いを感じる事が出来たに違いありません。

やむを得ず遺品整理を業者に任せる事になっても、遺族はその場に立ち合って故人の想いを受け取るようにすることが、大切な供養になるのではないでしょうか。


Copyright (C) www.mardejuegos.com. All Rights Reserved.

遺品整理の難しさ